押入れのちよ/荻原 浩

*文庫2008年12月20日発売。

 

★恐怖ではなく、寧ろ愛おしさでいっぱいになり、切なくなった(T_T)

日常の裏にある世界を描いた短編集。


少女の幽霊が登場する表題作は、帯についていたとり「憑かれたいお化けNo・1」の言葉どおりで、ちよが愛らしくてたまらなくなる話です。


所収の『コール』も、ラストの景色を思い浮かべると切なくなりました。


大切な誰かをおくる人って、もしかしたら、同時にその大切な誰かにおくられているのかもなぁ……なんて思いました。

0コメント

  • 1000 / 1000