邦画「岸辺の旅 」

■黒沢清監督の新境地!それは死んだ夫との旅を描くメロドラマ


夫の優介が失踪して3年になる瑞希。ピアノ教師をしながらも喪失感を拭えないままの孤独な日々を送っていた。そんなある日、優介が突然帰ってきた。しかも富山の海で死んだと淡々と語る優介。瑞希は驚きながらもそれを受け入れる。やがて優介は、死後に自分が旅してきた美しい場所を瑞希にも見せたいと、彼女を旅に誘う。こうしてふたりは、優介が3年の間を過ごした足跡を辿り、彼が世話になった人々巡る旅へと出発するのだったが…。

湯本香樹実の同名小説を「トウキョウソナタ」の黒沢清監督が映画化した感動の夫婦ドラマ。3年前に失踪し、死者となって帰ってきた夫と、そんな彼を静かに受け入れた妻が、一緒に彼が世話になった人々を巡りながら永遠の別れに向かって旅を続ける姿を描く。深津絵里×浅野忠信が夫婦役でW主演。監督が得意とするホラー映画ではないけれど、黒沢ティストが随所で弾ける。と同時に、ベッドでの親密な会話や濃厚な絡みなど、これまでの黒沢作品では見られなかった描写も多く、カンヌが「新境地!」と称えたのも納得である。もちろん、深津×浅野の『寄生獣』とは対極の”静”の演技が織り成すケミストリーはもちろんだが、息子を失った農家の主を演じる柄本明、妻に先立たれた初老の男役・小松政夫ら夫婦の旅を彩る役者たちの好演も本作の見どころ。大切な人の死を受け入れて弔う話であり、相手が死んでしまっているという究極のシチューエーションが可能にした夫婦によるメロドラマでもあるのです。

ジャンル:ドラマ/ロマンス/ファンタジー

製作国:日本/フランス

製作年:2015年

初公開日:2015年10月1日

上映時間:128分

配給:ショウゲート

出演: 深津絵里, 浅野忠信, 小松政夫, 村岡希美, 奥貫薫

監督: 黒沢清


0コメント

  • 1000 / 1000