何が困るかって/坂木司(著)

*子供じみた嫉妬から仕掛けられた「いじわるゲーム」の行方。居住者の日常を見守るけなげな「洗面台」の独白。「鍵のかからない部屋」から出たくてたまらない“私”の物語―などなど。夜更けの酒場で披露される「怖い話」の意外な結末。バスの車内で、静かに熾烈に繰り広げられる「勝負」。『青空の卵』『短劇』で人気を博す稀代のストーリーテラーが贈る、日常/非日常の情景を鮮やかに切り取る18篇を収録。

0コメント

  • 1000 / 1000