こころ朗らなれ、誰もみな /著:アーネスト・ヘミングウェイ、訳:柴田元幸

訳者自身は「まったく新しいヘミングウェイ像を提示できたなどとは全然思わない」と謙遜するが、訳にも収録作の選択にもこだわりの感じられる新しいヘミングウェイ短編集である。シンプルな言葉で綴られたゆえに生き残ってきた作品の魅力が再確認できるはずです。

0コメント

  • 1000 / 1000