邦画『味園ユニバース』

■主演の渋谷すばるが魅せる圧巻の歌声に絶賛の嵐!


歌以外全て忘れた男と、その男の歌声に興味を持った女、大阪を舞台に贈る青春歌謡人情ドラマ。ある日、赤犬のライブ中にひとりの男がふらりと現われるや、マイクを奪って歌い出す。その圧巻の歌声に、その場の全員が魅了される。しかし男はそのまま気を失ってしまう。やがて目を覚ました男は何も覚えておらず、完全な記憶喪失状態だった。赤犬のマネージャー、カスミは、そんな彼を放っておけず、“ポチ男”と名付けて自宅に住まわせる。そして、何も思い出せないポチ男を赤犬のボーカルに据える。すると、全身全霊で歌うポチ男の脳裏に、苦い過去の記憶がフラッシュバックで甦るのだったが…。「リンダ リンダ リンダ」「苦役列車」の山下敦弘監督が、関ジャニ∞の渋谷すばるに当て書きした作品なので、もう見事なハマリ役! 和田アキ子『古い日記』をアカペラで披露するなど、柴谷の歌声に終始ゾクゾクされっぱなし。映画単独初主演に挑む渋谷すばると二階堂ふみの共演でも話題を呼んだ。「味園」とタイトルに付けるあたりも心憎いですね。昔、高度成長期に大阪では一世を風靡した巨大キャバレー「味園」。当時はCMまであって有名なお店でした。なので、すごく懐かしい気持ちで観ました。渋谷すばるの関西弁はやはり当然ながら自然でした。いきなり記憶喪失になってしまうところがこのストーリーのポイント。結構おもしろいテーマのわりにあまり宣伝しなかったのが、ちょっともったいない作品。恋愛要素は少ないけど、二人の空気感が素敵でした。

ジャンル:ドラマ/音楽/青春

製作国:日本

製作年:2015年

初公開日:2015年2月14日

上映時間:103分

配給:ギャガ

出演: 渋谷すばる, 二階堂ふみ, 鈴木紗理奈, 川原克己(天竺鼠), 赤犬

監督: 山下敦弘

0コメント

  • 1000 / 1000